2020年分(令和2年分)年末調整ポイント 【ひとり親・寡婦】

税金のこと
この記事は約3分で読めます。

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

大阪市都島区の夜間・休日専門の税理士の梅田です。

2020年分からの「ひとり親控除」「寡婦控除」の概要は?

本日は、こちらの内容に関する記事となっております。

2020年分(令和2年分)の年末調整から大幅な税制改正が施行されています。

今回はその中の一つである「ひとり親控除」「寡婦控除」について、概要をご紹介します。

参考:ひとり親控除及び寡婦控除に関するFAQ(源泉所得税関係)

この記事以外にも注意が必要な項目がありますので、年末調整を担当される方については、事前の情報収集が必要です。

ひとり親控除の概要

どんな制度?

今までの寡婦(夫)控除は、未婚のひとり親に対する措置がなされていなかったのですが、今回の改正ではその部分が手当てされた形となっています。


①婚姻歴や性別にかかわらず、生計を同じとする子(総所得金額等が48万円以下)を有する単身者について、同一の「ひとり親控除」(控除額35万円)を適用することとします。

出典:財務省 令和2年度 税制改正

対象となる人は、

①男女に関係なく
②現在、結婚をしていない人又は配偶者の生死が不明の人で
③生計を一にする子(総所得金額等が48万円以下)がおり
④合計所得金額が500万円以下であり
⑤事実婚と同様の状況にある人がいないこと

この場合に「ひとり親控除」として35万円の控除が可能です。

事実婚・・・住民票に、夫(未届)や妻(未届)と記載がある人。内縁関係です。

寡婦控除の概要

変更点は?

寡婦控除は以前からあった制度ですが、ひとり親控除の創設に伴い、整備されました。

対象となる人は、

<パターン①>
①女性であり、ひとり親に該当しない人で
②昔結婚していたが、離婚しており、現在結婚しておらず
③子以外の扶養親族がいて
④合計所得金額が500万円以下であり
⑤事実婚と同様の状況にある人がいないこと

<パターン②>
①女性であり、ひとり親に該当しない人で
②昔結婚していたが、夫と死別後、結婚していない又は夫の生死が不明であり
③合計所得金額が500万円以下であり
④事実婚と同様の状況にある人がいないこと

この場合に「寡婦控除」として27万円の控除が可能です。

事実婚・・・住民票に、夫(未届)や妻(未届)と記載がある人。内縁関係です。



年末調整に関する記事についてはこちらもどうぞ!

2020年分(令和2年分)年末調整ポイント 【所得金額調整控除】
2020年分の年末調整から適用となる所得金額調整控除についてまとめました。

ひとり親控除・寡婦控除のまとめ

いかがでしたでしょうか。

2020年分の年末調整をする際に注意が必要な「ひとり親控除」「寡婦控除」について記事にしました。

適用初年度ですので、注意をしながら年末調整業務を行うようにしたいところです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

税務会計のご依頼は、大阪の夜間休日専門の税理士・梅田税理士事務所まで!

当事務所は夜間や休日にも、相談・打合せ可能な夜間休日専門の税理士です。

ご依頼いただいた仕事には誠心誠意取り組んで参りますので、ぜひ当事務所にお任せください!

免責事項

この記事は、執筆日現在の法律に基づき作成しております。

当ブログの情報に関しては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、万が一何らかの問題、損害等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。詳しくは税務署または顧問税理士にお問い合わせください。

この記事を書いたひと
umeda

税理士 梅田 秀幸

近畿税理士会旭支部所属(登録番号126972)

趣味
・アニメ鑑賞
(最近は、ゆるキャン△がおすすめです)
・ポタリング

大阪市都島区にて営業中

umedaをフォローする
税金のこと
umedaをフォローする
梅田秀幸税理士事務所
タイトルとURLをコピーしました