一般社団法人について~概要・設立・法人税注意点編~

税金のこと
この記事は約4分で読めます。

お疲れ様です。梅田です!

本日は一般社団法人のお話しです!

あまりご存じない方が多いとは思いますが、注意する点をお伝えしようと思います!

一般社団法人ってなに?

一般社団法人とは、法人の種類のひとつです。

法人の種類には、有名なところですと「株式会社」があります。
その他にも、「合同会社」や「NPO法人」「医療法人」「学校法人」などがありますが、その法人の種類の一つに今回の「一般社団法人」というものが存在します。

では「株式会社」と「一般社団法人」って何が違うのでしょうか。

「株式会社」であれば、モノを売ったり、サービスを提供することで会社の利益を追求し、利益がでれば株主に分配します。

「一般社団法人」はどうか。こちらも、モノを売ったり、サービスを提供することで、利益を得ますが、分配することはできません。
一定の公益性があれば、公益認定を受ける事も可能です。

「一般社団法人」は非営利目的の会社ですが、この「非営利」という言葉は、利益をだせないという意味ではありません。間違えやすいので注意です。
「非営利」という言葉の意味は、「利益を配当してはいけない」という意味が正解です。
なので利益をだしてもOKです。利益がでないと事業の存続ができません。

制約があるなら株式会社でいいじゃない。となりますが、「一般社団法人」であれば、税制上のメリットがあるため、「株式会社」より有利なケースがあります。

今回のお話しは、公益認定を受けていない一般社団法人となります。国や都道府県から公益認定を受けている「公益社団法人」は取り扱いが異なります。

一般社団法人の設立時の注意点

税制上のメリットを受けるには、設立の時から注意する事があります。

下記の3つの要件を満たさなければ、「株式会社」などの普通法人と同様の法人税課税になってしまうので、「一般社団法人」で設立した意味がありません。
意味がないばかりか、消費税の計算上は公益法人等としての計算方式になるため、不利になるケースも多いです。
それなら最初から「株式会社」で設立すればよかった、という事になります。

①配当制限・・・利益、残余財産の分配不可

②私的利益教授の禁止・・・特定の個人または団体に①以外の方法で特別の利益を与えない事

③理事の親族要件・・・理事とその親族等である理事の合計数が、理事の総数の1/3以下であること(つまり最低3名以上でなければ、税制上の普通法人として取り扱われます)

その他の事項・・・
許認可は不要で、登記のみで設立可能です。

法人税の取り扱い

一般社団法人の法人税課税については、下記ABのどちらかになります。

A 非営利型の要件を満たすもの(非営利型法人)・・・収益事業のみが課税(公益法人等課税)

B A以外のもの(非営利型法人以外の法人)・・・株式会社などの普通法人と同様に、すべての所得が課税対象

非営利型の要件とは・・・設立時の注意点で記載した3つ、(①配当制限  ②私的利益教授の禁止   ③理事の親族要件 )+α(注)を満たせば、非営利型となります。

(注) +α とは
非営利性が徹底された法人(配当制限が厳しい)・・・特に追加要件はありません。
共益的活動を目的とする法人 (配当制限が緩い) ・・・下記の要件も追加で必要となります。

 ・会員に共通する利益を図る活動を行う事を目的としていること
 ・定款等に会費の定めがあること
 ・主たる事業として収益事業をおこなっていないこと

こちらの非営利型の要件は、常に満たしておく必要があります。もし、何かしらの理由で満たさなくなった場合には、事業年度の途中であっても、すぐさまA→Bになり、過去の所得分も含めて法人税の申告納税をする必要があります。
この場合、異動届の提出も必要となります。


収益事業とは・・・
収益事業とは、物品販売業や請負業などの34種類の事業で、継続して事業場を設けて行われるものです。
※かなりの種類の事業が収益事業となりますので、事前に収益事業に該当するかどうかの確認が必要です。なお収益事業から除外される項目も多岐にわたるため、注意が必要です。

まとめ

今回は一般社団法人のお話しでした。

税理士にも得意・不得意があります。一般社団法人などの一般の会社とは異なる法人形態の場合、苦手とする税理士も多いです。

もし仕事の依頼をする際には、一般社団法人などを得意とする税理士に依頼する方が良いと思います。(HPに載っていれば分かりやすいですが、そうでない場合は、同業者から紹介してもらう・・・という事になるのでしょうか。なかなか難しい判断です)

この記事は個人的見解であり、詳しくは税務署又は顧問税理士にご確認ください。

この記事を書いたひと
umeda

税理士 梅田 秀幸

近畿税理士会旭支部所属(登録番号126972)

趣味
・アニメ鑑賞
(最近は、ゆるキャン△がおすすめです)
・ポタリング

大阪市都島区にて営業中

umedaをフォローする
税金のこと
umedaをフォローする
梅田秀幸税理士事務所
タイトルとURLをコピーしました