【税務調査】よくある指摘事項 帳端計上漏れ

税金のこと
この記事は約5分で読めます。

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

大阪市都島区の夜間・休日専門の税理士の梅田です。

帳端って何?

本日は、こちらの内容に関する記事となっております。

税理士の仕事の一つに税務調査の対応というものがあります。

お客様の会社に税務調査があった場合に、税理士もその調査に立ち会うというものです。

税務調査とは、当局(主に税務署)が、提出された税務申告書の内容について問題がないか確認をするため、会社に臨場して帳簿書類を確認することです。

その税務調査では、様々な内容をチェックされますが、その一つに「帳端」というものもチェックします。

今回は、その帳端について解説したいと思います。

帳端とは

帳端という言葉を覚える必要はありませんが、内容を知っておくことは必要です。

帳端について具体例をあげてみます。

例) 決算日→12月31日  売上の締め日→毎月20日(翌月回収)

会社の決算日が12月31日である場合、会社の1年間の業績を計算する期間(税金を計算する期間)は、通常であれば、1/1から12/31の1年間となります。

この場合に、売上の集計期間も、上記の計算期間と同様に、1/1から12/31までの売上を計上する必要があるわけですが、

この会社のように、決算日(末日)と売上の締め日(20日)が違っている場合には、注意が必要となります。

売上の請求書を発行する際に、20日締めの場合、1月分の売上は、
12/21~1/20の間に売り上げた分について、得意先に請求することになります。

しかし、上記に記載したとおり、売上の集計期間は、1/1~12/31の期間中に売り上げた金額を計上する必要があります。

請求書だけで、1月分の請求書から12月分の請求書をすべて集計すると、

集計した売上は、前年12/21~当年12/20までの売上となります。

この集計では、丸々1年間の集計とはなっていますが、
当年12/21~12/31までの、11日間の売上を集計することができません。

このような場合には、12/21~12/31までの売上を、翌年1月分の請求書などから抜き出す必要があります。

この当年12/21~12/31までの期間の売上を帳端といい、税務調査でチェックされる項目となります。

具体的な処理方法

今までの内容について、勘のするどい人は気になったことがあるかもしれません。

「ちょっとまてよ。。。12/21~12/31までの分を、今回の決算に含める必要があることは分かった。

でもこんなことをしたら、次の期になって、1月分の請求書(当年12/21~翌年1/20の売上)も、売り上げとして計上するよね・・・・

そうなると12/21~12/31の売上が、当期と翌期で2回計上されてしまうぞ?」

まさにその通りです。

このまま処理をしてしまうと、帳端の分は、2回計上されてしまうのです。

そこで経理上では、どうするか。

前回の決算で集計した12/21~12/31の間の売上については、翌年にマイナスをします。

一連の流れについて、具体例をみてみましょう。

×1年12月の請求書・・・中身は×1年11/21~×1年12/20の売上(1,500円)
こちらは、何も問題なく通常どおり計上すればOKです。
→売上計上 1,500円

仕訳①: 売掛金 1,500 /  売上 1,500


×2年1月分の請求書・・・中身は×1年12/21~×2年1/20の売上(1,200円)
【1,200円の内訳】
×1年12/21~12/31・・・売上500円
×2年1/1~1/20・・・・ 売上700円
このうち、500円は、×1年の売上に計上します。

仕訳②: 売掛金 500 /  売上 500  ×1年の売上(帳端)

この仕訳①と仕訳②が×1年の売上となります。


→×2年1月分の売上は、請求書の金額1,200円から、
上記で既に計上が終わっている分の500円をマイナスします。

仕訳③: 売掛金 1,200 /  売上 1,200  ×2年の売上(1月請求書より)

仕訳④: 売上  500 /  売掛金 500  
×1年で処理が終わっているもの(仕訳②で計上済の帳端)をマイナスします。

この③と④の仕訳により、×2年の売上は、700円となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ついつい、請求書だけ確認して、1月から12月まで処理したからOK!
となりがちですが、この帳端の漏れがないか、決算の時には確認するようにしてみてください。

この内容は、売上だけではなく、仕入・経費の方でも同じ取り扱いとなりますので、両方の確認が必要となります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

税務会計のご依頼は、大阪の夜間休日専門の税理士・梅田税理士事務所まで!

当事務所は夜間や休日にも、相談・打合せ可能な夜間休日専門の税理士です。

ご依頼いただいた仕事には誠心誠意取り組んで参りますので、ぜひ当事務所にお任せください!

免責事項

この記事は、執筆日現在の法律に基づき作成しております。

当ブログの情報に関しては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、万が一何らかの問題、損害等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。詳しくは税務署または顧問税理士にお問い合わせください。

この記事を書いたひと
umeda

税理士 梅田 秀幸

近畿税理士会旭支部所属(登録番号126972)

趣味
・アニメ鑑賞
(最近は、ゆるキャン△がおすすめです)
・ポタリング

大阪市都島区にて営業中

umedaをフォローする
税金のこと
umedaをフォローする
梅田秀幸税理士事務所
タイトルとURLをコピーしました