役員報酬を変更する~定期同額給与~

税金のこと
この記事は約4分で読めます。

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

大阪市都島区の夜間・休日専門の税理士の梅田です。

・役員に対する給与は、期の途中で変更可能?

本日は、こちらの内容に関する記事となっております。

会社の役員に対する給与は、「役員報酬」となります。

通常の従業員に対する給与とは異なり、税金の計算上色々な制約を受けます。

制約の一つに「定期同額給与」というものがあります。

従業員に対する給与であれば、毎月の給与の金額が変わっても問題ありませんが、役員に対する給与(役員報酬)については、毎月の給与は同額である必要があります。
(これを定期同額給与といいます)

もちろん、役員報酬の金額を変更すること自体はできますが、要件を満たさない状態で変更した(定期同額給与にならない)場合には、役員報酬の一部が会社の経費として認められなくなるので、税金の負担を考えると、もったいないです。

ですので、期の途中で役員報酬を変更することは、基本的にはできません。

しかし下記の掲げるような場合には、期の途中でも変更することが可能です。

役員報酬を期の途中で変更できない理由は、会社の利益調整に役員報酬が利用されることを防止するためです。

例えば、決算近くになり会社の利益が想定より多額になった場合に、法人税を払いたくないので、役員報酬を増額して経費を増やす。といったことを防ぐためです。

役員報酬を変更することが可能なケース

通常の変更時期

役員報酬の金額を変更できない、といっても一生同じ金額というわけにはいきません。
1事業年度に1回だけ役員報酬を変更することが可能です。

事業年度開始の日から3カ月以内に、株主総会の決議により役員報酬を変更することができます。

臨時改定事由~コロナの影響による業績悪化改定~

役員報酬の金額変更は、上記の通り、事業年度開始の日から3カ月以内しかできません。

しかし、業績悪化事由といわれるものがあり、事業年度の途中であっても一定の事由に該当すれば、役員報酬を減額することが可能です。(増額することはできません)

現在コロナの影響で、業績が悪化している会社があると思います。

このような場合には、事業を継続させるために、苦肉の策として役員報酬を減額することも検討する必要があります。

業績悪化改定による役員報酬の減額については、通常の改定時期以外の変更であっても減額前・減額後の役員報酬の金額は経費になります。

ただし、この業績悪化事由による減額は、予算に未達だったり一時的な資金繰りの悪化など、ちょっとやそっとの業績不振で認められるものではなく、

経営状況が著しく悪化したこと(財務諸表の数字が相当程度悪化・倒産の危機など)

経営状況の悪化により第三者(株主、金融機関、取引先等)との関係上減額せざるをえない場合
(経営責任をとる・リスケ・経営状況の改善計画に役員報酬の減額を盛り込むなど)

があります。


また、現に著しい業績悪化となっていなくても、役員報酬の減額などの経営改善策を講じなければ、今後、業績の著しい悪化が容易に想定できる場合にも適用できます。

参考:国税庁 「役員に関するQ&A」

参考:国税庁 「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」

これらについては、事実認定の問題となりますので、減額改定が可能かどうか、顧問税理士と相談の上、ご検討ください。

役員報酬が増減しても手取りが同額の場合

こちらについては、平成29年の税制改正により、役員報酬の金額が増減した場合であっても、手取り金額(役員報酬総額から社会保険や税金を天引きした後の金額)が同額であれば、これも定期同額給与となり、経費算入が可能になりました。

この制度を使うことは、あまり多くはありませんが、手取りの金額を重視している会社であれば、手取りベースで役員報酬を設定することができます。

問題点としては、計算が手間ということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

役員報酬の変更時期については、タイミングがありますし、条件を満たす必要がある場合もあります。

間違えると、会社の経費にならない上に、もらった分についてはしっかり税金が課税されます。もったいないので、事前に顧問税理士に確認しましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

免責事項

この記事は、執筆日現在の法律に基づき作成しております。

当ブログの情報に関しては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、万が一何らかの問題、損害等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。詳しくは税務署または顧問税理士にお問い合わせください。

この記事を書いたひと
umeda

税理士 梅田 秀幸

近畿税理士会旭支部所属(登録番号126972)

趣味
・アニメ鑑賞
(最近は、ゆるキャン△がおすすめです)
・ポタリング

大阪市都島区にて営業中

umedaをフォローする
税金のこと
umedaをフォローする
梅田秀幸税理士事務所
タイトルとURLをコピーしました