【倒産防止共済】経営セーフティ共済について(節税対策)

税金のこと
この記事は約4分で読めます。

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

大阪市都島区の夜間・休日専門の税理士の梅田です。

倒産防止共済についてざっくり教えてくれ

本日は、こちらの内容に関する記事となっております。

節税の基本ともいうべき、経営セーフティ共済(倒産防止共済)についての記事となります。

倒産防止共済とは

国(独立行政法人 中小企業基盤整備機構)が運営する共済制度となります。

どんな制度かというと、取引先が倒産し、売掛金が回収できないことにより、自社の資金繰りが悪くなり倒産してしまうという連鎖倒産を防ぐことを目的としており、緊急時にお金を貸してくれる。という制度です。

そして、ついでに節税もできまっせ。という側面も持っています。

節税対策でこちらを勧められることもあると思いますが、メリット・デメリットを両方知って検討するようにしましょう。


※この制度には加入資格がありますので、こちらも事前に確認しておきましょう。

・業種や資本金の金額、従業員の数によって、加入できないケースがあります。

・開業初年度については、加入できません。

・その他の場合でも、加入できないケースがあります。

倒産防止共済のメリット・デメリット

メリット

・いざという時にお金が借りられる

取引先の倒産があった場合、最高で掛け金の10倍まで借りることが可能です。(無担保・無保証)
(取引先が夜逃げした場合には、借りられません)

・掛け金は、個人事業の「必要経費」・法人の「損金」となります
(必要経費・損金とは、経費のことです)
(個人事業の場合、「事業所得」に限り加入することができます)

これが節税と言われる所以です。掛け金×税率の分だけ税金が安くなります

掛け金は月額5,000円~月額200,000円の範囲内で選ぶことが可能です。
(掛け金の変更が可能であり、掛け金総額800万円まで掛けることが可能です)

また前納制度があるので、1年分前払いすることが可能。
MAXで240万円(20万円×12カ月分)を前納することができます。
(こちらは短期前払費用としての取り扱いではないため、継続要件などは無く、支払った金額が経費となります)

・40カ月以上掛け金を払い続けると、解約時に今までの掛け金100%が戻ってくる

・取引先の倒産がない場合であっても、掛け金の一部ですが、一時的に資金の借り入れをすることができる

デメリット

・取引先倒産による借入は、お金を借りたはいいが、コストが高い

今まで払った掛け金のうち、借りた金額の10%が、掛け金から減額されます。
費用対効果が良いとは決して言えません。

・掛け金が戻ってくるときに税金が増える

掛け金を払ったときには税金が安くなりますが、
逆に掛け金が戻ってきたときに税金が増えます。

なので、利益が少ない時や赤字のタイミングで解約するなど解約の事も踏まえて検討する必要があります。

・契約期間が短いと、解約時に今までの掛け金100%が戻ってこない(掛け金が目減りします)

倒産防止共済の注意点

・個人の確定申告において、必要経費にする場合には、別途書類の添付が必要です。

・法人税の申告書においても、損金に算入する場合には、別表十の添付が必要です。

経理処理としては、経費として処理をせず、資産に計上し、別表調整で損金算入することが可能です。

この方法をとることで、税金の計算上は経費として取り扱われますし、
決算書の見栄えが良くなるので、融資の事を考えるとオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自社の資金繰りを考慮して、資金に余裕があるのであれば、このような制度も検討してみるのも良いかもしれません。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

【編集後記】
昨日は、妻とボードゲームを。
「それはオレの魚だ!」というゲームです。
以前TVで紹介されていたので、興味本位で購入。
陣取りゲームだったのですが、基本のルール通りよりもペンギンの数を減らして勝負した方が接戦になり良かったです。

免責事項

この記事は、執筆日現在の法律に基づき作成しております。

当ブログの情報に関しては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、万が一何らかの問題、損害等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。詳しくは税務署または顧問税理士にお問い合わせください。

この記事を書いたひと
umeda

税理士 梅田 秀幸

近畿税理士会旭支部所属(登録番号126972)

趣味
・アニメ鑑賞
(最近は、ゆるキャン△がおすすめです)
・ポタリング

大阪市都島区にて営業中

umedaをフォローする
税金のこと
umedaをフォローする
梅田秀幸税理士事務所
タイトルとURLをコピーしました