IT試すシリーズ2~RPA失敗してみた編~

仕事のこと
この記事は約3分で読めます。

お疲れ様です。梅田です!

本日は試してみるシリーズ第2弾 ~RPA失敗編~になります。

先にお伝えしておくと、この記事については、失敗談ですので

参考になる知識はございません!ご注意ください! 

失敗した記事なら書かないほうが良いかもしれませんが、戒めとして残します!

以前から気になっていたRPAにチャレンジ!と意気込んでいましたが、実は右も左も分からない状態です。
プログラミングの知識なんてゼロですし、昔々すごく簡単なエクセルマクロを作ったくらいなので、本やネットで調べながらやっていきます。

RPAの個人的な理解としては、支持した動作、マウスの移動・クリック・数字等の転記など、決められた動作をその通りに実行するための機能(ロボット)で、エクセルのマクロはエクセルの中でしか指示できないものが、RPAならエクセルに限定せず、オートで動くというイメージです。(間違っていたらごめんなさい)

やり始めてさっそく壁にブチあたります。
さすがITの世界です。
半年前の本や動画では、すでに情報が古く、画面や操作方法も違います。。。

税理士業界では3年前の書籍も現役・・・なんて事も。

とりあえずやってみようということで、なんとなく進めてまいりますが、 RPAソフトのダウンロード画面が本と違うので最初から四苦八苦です。。。

まずは手を動かしてみる

Uipath社のStudioXプレビュー版

今回はこちらにお世話になります!

どうやら従来の製品よりも初心者向けとの事。知識ゼロなのでありがたいです。

最初にソフトの使い方を勉強する必要がありますが、こちらも本や動画とは仕様が異なっているため、とりあえず無視。
勉強する方法を検索すると無料学習サービスというのをやっているようですが、この製品に対応しているか不明のため無視。

ユーチューブの動画で勉強していきます!

水たまりよりも浅い知識にもかかわらず、動画を見ながら手を動かしてみます。

やりたかった事

以前の記事で書いた、freeeへの経費入力について Excel を利用するという記事がありますが、

会計入力をもっと手軽に!~Excelを利用して会計入力~
お疲れ様です。梅田です!本日は会計ソフトへの入力をもっと手軽にしたい方向けに一つ方法をご紹介したいと思います。会計ソフトへの入力は、慣れている方であれば、抵抗は少ないと思いますが、たまにしか入力しない方にとっては、 抵抗を...

この中に Excel ファイルから CSV ファイルにコピペするタイミングがあります。

それをこの Uipath で自動化できれば、もっと楽になるかも!
と考えたので作業を進めていきます。

結論から言うと、このロボットは失敗です。

なぜかというと、現金払い領収書を入力したエクセルから CSV データにコピペするために、ロボットを使おうと思ったのですが、なにぶんロボットということで良くも悪くも融通は利きません。

事前にコピペする範囲を固定するため、動作を指示した時に、以前に取り込み終わったデータも一緒に取り込む場合があり、そのケースだと二重に処理されてしまうことになります。 

毎回、エクセルにデータを入力する際に、 以前入力したデータを削除・上書きしている方限定であり、よく考えたらエクセルのマクロで十分じゃないかと。

効率化しようとして非効率なことをするところでした。危ない危ない ・・・

知識がある方なら、簡単なプログラムだと思いますが、赤ちゃん並みの知識では歯が立ちませんでした。

目の付け所は悪くなかったと思うのですが、事前にもっと検討するべきだったのかな。
と反省です。
「まずは行動から!」という点のデメリットでもあるのですが、次に切り替えていきます!

以上反省回でした。 

この記事を書いたひと
umeda

税理士 梅田 秀幸

近畿税理士会旭支部所属(登録番号126972)

趣味
・アニメ鑑賞
(最近は、ゆるキャン△がおすすめです)
・ポタリング

大阪市都島区にて営業中

umedaをフォローする
仕事のこと
umedaをフォローする
梅田秀幸税理士事務所
タイトルとURLをコピーしました