【雑記】蒸し暑さにやられないように

日常のこと
この記事は約2分で読めます。

マスクの蒸し暑さたるや

大阪市都島区の夜間休日専門の税理士梅田です。

先日、所用で京橋へ。

関西もとうとう梅雨入りしたので、雨が降ったりやんだりのあいにくの天気模様。

そんな中でもチャリで移動するのが大好きな私であります。

雨がやんだタイミングを見計らってチャリで京橋を目指します。

このご時世ですので、マスクは必須です。

ただ、梅雨による蒸し暑さとマスクのダブルパンチはかなりきつい・・

あまりの蒸し暑さに、有能な汗腺君は汗を大量生産!!

ありがた迷惑です。

今後、本格的に夏本番となった時に、マスクをつけてられるかどうか。

この件については最近ニュースでも取り上げられていますが、

夏マスクによる「熱中症」が懸念されています。

まだ夏本番でもないこの時期にこんな状態なので、

改めて注意が必要だな、と。

水分補給はもちろんですが、チャリに乗っている間は、3密にはならないので、

一時的にでもマスクを外してみる。など考えていかなければなりません。

あちらを立てればこちらが立たず・・・あーいやだいやだ。

こういった状況がある以上、運動量を調整するなど、自分で考えて行動することもだいじですが、

自分の力だけでは、限界がありますので、情報収集にも力をいれたいところです。

夏マスクの危険性がある以上、各メーカーもその対策用の商品を打ち出すことでしょう。
(新商品期待しております!)

例えば「ひんやりマスク」がありますが、まだ使用していないので効果のほどは分かりませんが、こういった新商品に目を光らせていく。

状況の変化に対応できるものが生存競争に勝ってきているので、しっかり対応していこうと思う次第です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事を書いたひと
umeda

税理士 梅田 秀幸

近畿税理士会旭支部所属(登録番号126972)

趣味
・アニメ鑑賞
(最近のオススメアニメはありません)
・ポタリング

大阪市都島区にて営業中

umedaをフォローする
日常のこと
umedaをフォローする
梅田秀幸税理士事務所
タイトルとURLをコピーしました