創業融資支援サポート

この記事は約7分で読めます。

当事務所は日本政策金融公庫による「新創業融資」の融資アドバイザリー業務を行っております。

「創業融資支援サポート」とはどんなサービス?

【創業融資支援】

日本政策金融公庫による「新創業融資」を受けようとする事業者様向けに、
下記のサービスを行っております。

・創業融資に関する制度のご説明、創業融資に関するご相談対応
・創業計画書の作成支援
・金融機関担当者のご紹介
・面談アドバイス及び面談同席(任意)
・金融機関からの問い合わせ対応

具体的なサービス内容は、創業融資に関する制度のご説明、創業計画書作成の作成支援や、
面談に同席をする(任意)サービス
を行います。

他にも、融資の申込をする前に、公庫の担当者と当事務所との間で、
事前に打ち合わせをして詳細を詰める
サービスとなっております。

創業融資については、誰でも簡単に、お願いをすればお金を貸してもらえる。
というわけではありません。

創業計画書と呼ばれる書類や、借入申込書を提出し、公庫の担当者との面談を経て、
審査に通れば融資を受けられます。

もちろんご自身で申込をすることもできますが、
はじめての場合だと何をどう記載して良いのか迷う事もあり、
時間がかかる場合があります。
また、第三者の意見が入ることで、計画がブラッシュアップされていきます。

当サービスをご利用頂ければ、現実的な創業計画を一緒に練ったうえで、
審査担当者の納得を得る計画書を作成していきます。

お客様の融資実行の確率を上げるお手伝いを全力で致します。ぜひお任せください!


こちらのサービス以外にも、
会社を設立される方や、許認可を取得する予定の方については、
ご希望があれば、他の士業をご紹介致します。

【会社設立サポート】

会社設立をお考えの事業者様につきましては、提携司法書士をご紹介いたします。
お気軽にご相談ください。

【許認可サポート】

許認可が必要な事業者様につきましては、提携行政書士をご紹介いたします。
お気軽にご相談ください。

日本政策金融公庫とは

日本政策金融公庫は、政府が100%出資している政府系金融機関です。

リスクが高いと言われる「創業融資」に力をいれています。

特に「新創業融資」については、無担保・無保証で借りる事が可能です。

また、事業を継続していく中で、他の金融機関から借入をすることもありますが、
公庫から創業融資を受けた実績は、次の融資に有利にはたらきます。

創業時に融資を受ける理由

◆資金繰が厳しくなってから融資を受ける。という事は難しいため、最初に借りておく。

ある程度時間が経過した後だと、それまでの実績も考慮することになります。
お金を借りたい時=事業がうまくいっていない時が多いので、
そのような場合(事業がうまくいっていない時)には融資を受ける事が難しくなります。

お金がなくなり、金融機関から借りれない。となると、
廃業又は別の資金調達という事になってしまいます。

親族や知り合いからお金を借りる、という事になるかもしれませんが、
お金の切れ目が縁の切れ目とも言いますので、お金の貸し借りには、慎重な判断が必要です。

私自身も新創業融資を受けました

もちろん私自身も創業時に、日本政策金融公庫で創業融資を受けております。

そのおかげで、独立後の資金不足を乗り越えることができました。

売上も資金もない、という事になると、精神的にも相当苦しくなりますので、
せめて資金だけは余裕をもって事業に取り組んでいってほしいと考えております。

サポートの具体的な流れ

◆アポイント・・・
当事務所にお問い合わせを頂いた後、最初に簡単なアンケートにお答えいただいております。
当事務所でお力になれる場合は、打合せの日程を調整します。

◆ヒアリング・・・
創業融資の制度の説明・手続きの流れ、料金などの説明を致します。
書類を作成する上で必要な内容をヒアリングしていきます。

◆創業計画書の作成・・・
フォーマットをお渡ししますので、一旦、お客様ご自身で創業計画書にご記入頂きます。
書き方については当事務所からアドバイスを致します。
(創業計画書の中身はあくまでもお客様の言葉で書いて頂きます。)
それは、創業動機やセールスポイント等について自分の言葉でないと、
公庫との面談時に上手く伝わらないためです。
また、最初から最後まで専門家の方で作成すると、それは自分の計画ではなくなってしまいます。
数値の部分については、一緒に練ったうえで完成させます。

必要書類の準備・・・
前職の源泉徴収票など、公庫に提出が必要な書類の準備も並行してお願いしております。

◆事前打ち合わせ、申込書の送付、面談の準備・・・
当事務所と公庫担当者との事前打ち合わせをして、すべての書類の準備が整ったら申込をします。
また、面談で聞かれそうな事をレクチャーします。

◆公庫担当者との面談・・・
面談日の日程調整をした後、公庫の担当者との面談になります。
面談が終われば、あとは結果を待つのみです。

◆審査の合否、成功の場合は口座に入金・・・
審査の結果が通知されます。成功の場合には指定口座に融資金額が振り込まれます。

◆当事務所へ成功報酬のお支払い・・・
融資金額が入金されましたら、成功報酬として当事務所に融資金額×2%(税抜)をお振込み頂きます。

料金について

当事務所では、着手金ゼロ・完全成功報酬型の料金体系となっております。

通常の料金は、融資金額×2%+消費税となっております。

もし、当税理士事務所と税務顧問契約を結ばれる場合には、
融資アドバイザー料金にかかった費用と同額を、1年目の決算料から値引き致します。

(具体例)
<融資金額400万円が無事に決定された場合>

融資アドバイザー料金として、
400万円×2%=8万円(税抜き)をご負担頂きます。

この場合に、税務顧問契約結ばれた場合には、

1年目の法人決算料15万円から、上記のアドバイザー料金(8万円)を値引きします。

15万円▲8万円=7万(税抜き)※決算料としてご負担頂く金額となります。

税務契約をしない場合の報酬は、融資額の2%(税抜き)の完全成功報酬となりますので、
仮に資金調達をすることが出来なければ、もちろん料金は発生しません。
着手金0円・完全成功報酬型となっておりますので、御社にリスクは一切ございません。

税務契約について

税務顧問契約については、強制ではありません。
資金調達成功の可否に関わらず、税務契約をどうするかは任意でお選び頂けます。
資金調達のみ(融資サポートのみ)の方も大歓迎です!

創業時には提出すべき大事な税務関係の書類もありますので、
ご自身で各種届出などの手続きをされる場合には、忘れずにご提出ください。

もちろん、当事務所とご契約いただければ、税務手続きは無料で代行致します。

ご相談対象者

大阪で事業を行う事業者様で、開業前~開業後1カ月程度の事業者様に限らせて頂きます。

法人・個人事業主問わず対応可能です。

サービスご利用上の注意点

・当サービスは、融資実行を100%保証するものではありません。

・当サービスは、希望融資額に沿えない場合がございます。

・当サービスは、中小企業経営力強化資金については、取り扱いをしておりません。

・ヒアリングの結果、金融機関におつなぎすることが難しいと判断した場合には、お申込みをお受けできないことがあります。

・ご相談に対応できるお客様の人数が限られておりますので、先着順とさせて頂いております。

~創業計画書作成時のポイント~

創業計画書を作成する上でのポイントを、簡単にご説明します。

◆創業動機
・見込み客を確保することができ、事業を成功させる準備が整ったので、創業する。
など、売上を確保できていることもアピールになります。

◆略歴
・これまでに培ったスキル、成果をアピールすることで、
経営者としての能力に説得力が増します。

◆取扱商品・サービス
・客観的かつ具体的にあなたの強みを記載することで、
他社との差別化を図り、売上が獲得できる根拠付となります。

◆取引先・取引関係
・事前に見込客、仕入先、外注先を確保しておくことは大切です。
売上の数値に説得力が増します。
・ターゲット層の絞り込みが必要です。

◆従業員
・人材確保のめどが立っていると有利です。

◆お借入状況
・個人信用情報を、事前に確認しましょう。

◆資金調達方法
・融資目安=設備資金+経費×3カ月(自己資金次第で変わります)
・自己資金の準備は創業融資の大事なポイントです。

◆事業の見通し
・根拠資料を準備する事が大切です。

お問い合わせ

大変申し訳ございませんが、当事務所ではお電話でのお問い合わせに対応しておりません。

創業融資支援サポートのご依頼は、下記フォームよりご連絡ください。

必要事項をご入力の上、[送信]をクリックしてください。

なお、税理士紹介会社、生命保険会社、各種リース、ホームページ制作、自費出版を含むあらゆる営業・セールスに関するご連絡は一切お断りしております。

    umedaをフォローする
    梅田秀幸税理士事務所
    タイトルとURLをコピーしました