会計入力をもっと手軽に!~Excelを利用して会計入力~

会計のこと
この記事は約3分で読めます。

お疲れ様です。梅田です!

本日は会計ソフトへの入力をもっと手軽にしたい方向けに
一つ方法をご紹介したいと思います。

会計ソフトへの入力は、慣れている方であれば、抵抗は少ないと思いますが、
たまにしか入力しない方にとっては、 抵抗を感じることがあるかと思います。

そんな時、普段エクセルを使っている方であれば、

エクセル入力の方が楽なのに。。。

という方におすすめの方法です。

大まかな流れ

今回は、現金で支払った領収書の入力についてお伝えしたいと思います。

利用する会計ソフトはfreeeです。

大まかな流れとしては、エクセルに領収書を入力→ CSVファイルにコピペ
→freeeに取り込み。

余計に時間がかかりそう。と思う方もいらっしゃるかと思いますが、会計ソフトに入力するより、エクセル入力したほうが早い場合もありますし、その後のデータ移行については、そこまで時間もかかりません。

何より会計ソフトを立ち上げて、入力するという行為が、結構面倒くさいかと思います。その点エクセルであれば慣れているので、入力までのハードルが低いです。

具体的な方法

①エクセルに領収書のデータを入力します。

下記の通り入力する項目は、日付、科目、金額、内容(摘要)の4つです。

(現金で払っている領収書、税込経理を前提としています。)

 ②CSVファイルに①のエクセルデータをコピペします。

定型の形でないと、freeeに取り込めないので、 この形に合うように①のエクセルデータをコピペします。

(このCSVのテンプレートは、freeeからダウンロードできます)

③freeeに取り込みます

個人事業の場合は、「確定申告」・法人の場合は、「決算」から、
「振替伝票」を開きます。

弥生会計仕訳インポートをクリックします。

CSVファイルをドラッグアンドドロップして、「登録をする」をクリックします。

これでエクセルに入力したデータを会計ソフトに取り込むことができました。

<注意点>
消費税については、10%で入力していますが、変更がある場合には、会計ソフトから変更します。基本的には10%になりますし、10%にならない取引については少数ですので、後から変更したほうが楽かと思います。

まとめ

この方法であれば、手軽にできるので領収書を長い間溜め込んで一気に入力するという憂鬱な作業にならずに済む可能性があります。

エクセルなので、手軽に開いて入力を終わらせ、もうその領収書を入力する必要はないので、保管すれば良いだけです。

他の取引については、ネットバンクであれば自動で取り込む方法もありますので、ある程度まとめてやれば良いかと思いますが、現金払いの領収書だけは、自動で取り込みもできなくはないですが、精度の問題があるため、現状この方法が一番ストレスが少ない方法かと思いますので、ぜひ一度試してみてください!

この記事を書いたひと
umeda

税理士 梅田 秀幸

近畿税理士会旭支部所属(登録番号126972)

趣味
・アニメ鑑賞
(最近は、ゆるキャン△がおすすめです)
・ポタリング

大阪市都島区にて営業中

umedaをフォローする
会計のこと
umedaをフォローする
梅田秀幸税理士事務所
タイトルとURLをコピーしました