お風呂の湯量が勝手に増えた?その恐ろしい原因は・・・

日常のこと
この記事は約2分で読めます。

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

大阪市都島区の夜間・休日専門の税理士の梅田です。

本日は、ある家族のお風呂にまつわる物語です。

※登場する人物は架空の人物であり、この物話はフィクションです。



ある日の夜、お風呂上りのAさんが、Hさんに尋ねました。

「お風呂の湯量の設定、変えた?」

Hさんには、設定を変えた記憶がありません。

「いいや。変えてないよ?」

Aさんは答えます。

「なんかお風呂の湯量が、増えた気がしたんだけど・・・」

これが事実だとすれば、なかなか恐ろしい現象です。

怪奇現象なのか、湯量の自動停止機能が壊れたのか、
どっちにしても恐ろしい現象です。

しばらくHさんは考えます。

(自分が入ったときはそんなことなかったと思うけど・・・)

・・・・!
Hさんは思いついてしまいます。

もう一つの可能性を・・・!



皆さんにも経験があると思いますが、

お湯をいっぱいにためて入ると、お湯はものすごい勢いで溢れます。

そして、その現象は、体の小さい人より、

体の大きい人の方が顕著です。


成人してから、体が「大きく」なる。

に成長するのは、ほぼありませんが、

であれば、成人してからも成長することが可能です・・・!


なぜ湯量が増えたのか、上記を検討する必要がありそうです。

まず、体重が増えたので、こういう現象が起こったケース。

体重が増えるにしても色々原因があります。

筋肉が増加して、体重が増えるケースです。

筋肉の方が脂肪より重いですからね。

これは、健康面で考えると問題ないと思います。

しかし、筋トレはしてなさそうなので、可能性は低いかと。

では、筋肉以外で体重が増える原因は?

これは、言わずもがな。となります。。。

つまり、筋肉の増加でない場合、体重の増加=体積の増加であり

体積の増加=湯量の増加になりますので、これにて検討終了です。
(テキトーな検証です、すみません)

まさか外出自粛の影響が風呂の湯量にまで影響するとは・・・。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本当の原因は分かりません。

気のせいかもしれませんし、自動停止機能であっても誤差はあるでしょうから。
真相は闇の中です。

そういう可能性もある。という事で本日は終わりたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事を書いたひと
umeda

税理士 梅田 秀幸

近畿税理士会旭支部所属(登録番号126972)

趣味
・アニメ鑑賞
(最近のオススメアニメはありません)
・ポタリング

大阪市都島区にて営業中

umedaをフォローする
日常のこと
umedaをフォローする
梅田秀幸税理士事務所
タイトルとURLをコピーしました