会計の数字を利用してみる【変動費・固定費の基礎】

会計のこと
この記事は約4分で読めます。

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

ふく会計所属の税理士、梅田です。

決算書をもう少し分析してみたい。

・変動費・固定費って何。

本日は、こちらの内容に関する記事となっております。

決算書は数字の羅列で分かりにくいところがあります。
理解しやすくなる切り口として、変動費・固定費への分解をしてみると分かりやすくなり、経営判断に有効利用できます。

※話を簡単にするためにざっくりと説明しております。ご了承ください

経費を変動費と固定費に分けてみる

変動費と固定費

「変動費」とは、売上の増減に連動して増減するものです。
上記の例でいうと、購入したリンゴ代は、「変動費」です。
リンゴを3個売るためには、最低でも3個のリンゴを購入する必要があります。
このように売上に連動して増減するものが「変動費」に該当します。

「固定費」とは売上の増減に関係なく、常に一定額発生するものです。
上記の例でいうと、給料や家賃は、「固定費」です。
リンゴが売れなくても家賃と給料は一定額発生しますからね。

区分することで何の役に立つのか

変動費と固定費に分解する。
このことが何の役に立つのか、という疑問があるかもしれません。

これについては、必要な利益を把握するのに役立ちます。

例えば、借入金の返済が60,000円あるので、利益が60,000円必要だったとします。

※借入金の返済は、経費ではありませんので、利益として獲得したお金から返済します。
こちらの記事もどうぞ。

借入金の返済が経費にならない理由を税理士が徹底解説!
ふく会計所属の税理士、梅田です。本日は、借入金の返済が、なぜ経費にならないのか。についてご説明したいと思います!お客様からのご質問の中に、なぜ、借入金の返済が経費にならないのか?というご質問を頂くことがあります。お...

では利益60,000円を獲得するために、リンゴは何個販売すれば良いのでしょうか?

こんな時に、「変動費」と「固定費」の区分が役に立ちます。

考え方

まずは、計算してみます。

売上高  ?円(@1,000円×?個)
変動費  ?円(@700円×?個)
限界利益 ?円(売上-変動費)

給料   200,000円 固定費
家賃   100,000円 固定費
合計   300,000円

営業利益 60,000円

一番下の営業利益60,000円を獲得するためには、固定費である給料と家賃の経費合計300,000円を払った後で、60,000円が残るような限界利益が必要なので、限界利益360,000円が必要であることが分かります。

売上高  ?円(@1,000円×?個)
変動費  ?円(@700円×?個)
限界利益 360,000円 (売上-変動費) 限界利益率30%

給料   200,000円 固定費
家賃   100,000円 固定費
合計   300,000円

営業利益 60,000円

次に限界利益360,000円を獲得するための売上を計算します。
そこで、限界利益率というものを計算してみます。
このリンゴは、1個当たり700円で購入し1,000円で販売することで、300円の利益を獲得します。

そうすると、限界利益率は、300円÷1,000円=0.3(30%)であることが計算できます。

限界利益率30%で、360,000円の限界利益がほしい・・・この場合に必要な売上は、割り戻すことによって計算できます。
360,000円÷30%=1,200,000円と計算できました。
個数でいうと1,200,000円÷@1,000円=1,200個です。

売上高  1,200,000円(@1,000円×1,200個)
変動費  840,000円(@700円×1,200個)
限界利益 360,000円 限界利益率30%

給料   200,000円 固定費
家賃   100,000円 固定費
合計   300,000円

営業利益 60,000円

これで利益60,000円を獲得するために必要なリンゴの販売数は、1,200個という事が分かりました。

損益分岐点売上高

先ほどの例では、利益60,000円のケースでしたが、これが0円のケースというものがあります。

それが、損益分岐点売上です。固定費を賄うために最低限必要な売上の事です

この売上がないと、赤字になっちゃうよ!というものですね。

この指標を知っていることは重要なので、ぜひ把握しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

会社の業績を見る際に、変動費と固定費に分けて考えてみる。

そうすることで、今まで見えなかったところが見えるようになるかもしれません。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

免責事項

この記事は、執筆日現在の法律に基づき作成しております。

当ブログの情報に関しては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、万が一何らかの問題、損害等が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。詳しくは税務署または顧問税理士にお問い合わせください。

この記事を書いたひと
umeda

ふく会計(堤博顕税理士事務所)
税理士 梅田 秀幸

近畿税理士会東山支部所属(登録番号126972)

趣味
・アニメ鑑賞
・ポタリング

umedaをフォローする
会計のこと
umedaをフォローする
ふく会計
タイトルとURLをコピーしました